誠に恐れ入りますが、都合によりワークショップは延期させていただきました。
お申込みいただいた方には大変申し訳ございません。
個別にご連絡をさせていただいております。
お問い合わせ等ございましたら、下記メールへご連絡ください。
leyline.ws@gmail.com
大阪開催 『日本統一』辻裕之監督による俳優のための演技ワークショップ2021

辻裕之監督といえば、言わずと知れた「日本統一」。
「日本統一」は配信・販売ともに衰退といわれたVシネマ界をもう一度賑わせた金字塔となっています。
第1作目、辻監督の脚本参加で始まった「日本統一」。シリーズは48作を超え、「日本統一外伝」などのスピンオフ作品も充実し、広く愛される作品となりました。
そして、27作目からは辻裕之監督が監督を務め、作品は一層盛り上がりをもって衰えのない人気を誇っています。
今回のワークショップは、辻裕之監督を迎え、映画プロデューサー木村俊樹と共により実践的な現場で活躍する俳優の為のワークショップを開催いたします。

講師紹介

辻 裕之 (つじ ひろゆき) 1963年生まれ。横浜国立大学経済学部を卒業し、改めて入学した日本映画学校(現・日本映画大学)を卒業。今村昌平、北野武の助監督等を務めた後、1993年 Vシネマ『銀玉命!銀次郎2』で監督デビュー。2000年 実録 広島やくざ戦争では実録ものとしては異例の大ヒットを記録。この作品のヒットを元にVシネマでは実録もの作品があふれかえることとなった。

2002年 オールスターキャストの劇場版任侠映画『修羅の群れ』(主演:松方弘樹)を監督。Vシネマを中心に多数の作品の監督、プロデューサー、脚本家を務めている。 日本統一27より48作目の現在まで監督を務め、「ヤクザ映画」としては200本以上の作品を監督するに至る。

辻裕之監督より

我々の現場は、出会いと別れの連続です。
長くて半年、短くて数時間。
短期間の出会いと別れを延々と繰り返してゆく。

すぐ次の現場で一緒になる人、十年以上経って久しぶりに再会する人、また一緒に仕事したいなぁと思う人、もう二度と会いたくない人…
一生続くような関係を築けた出会いもあれば、出会ったことさえ記憶に残っていないことも多々あります。

二十年ほど前、あるワークショップで一人の若者と出会いました。数年後、現場で再会し、いまは『日本統一』に準レギュラーとして出演してもらっています。
そのワークショップもほんの数時間のものでしたが、私と彼にとっては未来に繋がる出会いとなりました。

今回もそんな幸せな出会いがあることを期待しています。
まずは出会うこと、すべてはそこから始まります。
辻 裕之

主催者より

映画制作は常に出会いを求めた旅です。自らの創造に対する初期衝動。それを具現化するための史実、文学 実際の事件等。そして、練り上げた物語に肉体をもって血肉を通わせる俳優です。今回のワークショップにて全身の血管を沸騰させてくれる、皆さんと出会える事を楽しみにしております。

主催者紹介

木村 俊樹 (きむら としき) 映画プロデューサー・脚本家(龍一朗)・レイラインピクチャーズ副社長
「愛の渦」三浦大輔、「お父さんと伊藤さん」タナダユキ、「Blue/ブルー」𠮷田恵輔ら日本の若手監督との作品を多く手掛ける。最新作は城定秀夫監督(アルプススタンドのはしの方等)と準備中。